フェレット 熱中症 対策

フェレットの熱中症の対策には・・・

フェレットの熱中症対策について

フェレットの熱中症対策としては飼い主がしっかりとしてあげることが必
要になってきます。

 

特に夏場のフェレットの温度管理には注意をしたいものです。

 

室内の理想的な温度としてはだいたい20〜23度ぐらいと考えて、も
し室内の温度が30前後になってくるようなことがあればそれは危険な
温度だということを認識しておく必要があります。

 

それと、この温度でフェレットにとって危険ということは夏場は外にでるこ
と自体が良くないことだということがわかってもらえると思います。

 

夏場の外の気温としては30度前後になることはよくあることですし、仮
に散歩などでアスファルトを歩くような場合では、実際にはフェレットが歩
いている部分の温度というのは30度を超えてしまっていることも良くある
ことでしょう。

 

つまり、夏場にはフェレットを外へ散歩に連れて行かないようにする、とい
うこと自体が熱中症の対策でもあります。

フェレットの熱中症対策と時間

熱中症というのはすごく短時間でもなってしまうものです。ですので、少
しぐらいは大丈夫かな?といったちょっとした気の緩みがフェレットを熱中
症にさせてしまうこともあるので、注意することが必要です。

 

特に夏場の自動車のなかに置いておくようなことは絶対にしないようにし
ましょう。

 

それが短時間であってもやってはいけないことです。

スポンサードリンク

フェレットの熱中症の対策には・・・関連ページ

熱中症の症状とは?
フェレットが熱中症になってしまったときの症状とは・・・

ホーム RSS購読 サイトマップ